littleMYの日記

自分が経験して、考えたことを記録するブログです。

仕事を辞める前に確認しておきたいこと。

 

最近職場の方の娘さんで、急に仕事を辞めたという話を聞きました。以前から職場に不満があるということは聞いていましたが、辞めるとは。。。

 

入社1年目で、某優良企業、8:30~17:00で、経営戦略課にいた女の子でした。

 

辞めた理由として、

● 仕事でやることがない。

  ➡ほぼ1日デスクの前にいるだけ

● 隣の異性の上司が気持ち悪い

 

らしいです。。

 

本当にこれだけのことで辞めるんだろうか、、、、と考えてしまいました。

 

その人はやめる際に、会社の方から、他の部署に移らないかということを言われたのにもかかわらず、拒否し、次の日から無断欠勤をし始めたらしいです。

 

そのことに対し、会社に告げたのも11月の初めですが、会社も11月末までで、もう来なくてもいいよと言われたらしいのです。

 

いやはや、、、、何とも言えない。

 

自分も投げやりになって、自分がそうなっていたのかな、、、、と

 

うーーーーーーん。。。。

 

そこで、私は問題だなと思ったのは、会社の人ではない誰かに相談したのかな?ということ。

 

そういう友人はいたのかなと。メンターってやつを。

 

そういう人がいない場合は、個人の思い込みだけで、動いてしまう可能性があると感じました。

 

自分の固定概念だけで物事を捉えてしまって、本当に大丈夫かな?と考える必要があるのではないかなと感じました。

 

自分だけの方向だけではなく、他の方向も見つめてみることの大切さ。。。

 

それを、まず、仕事を辞めようと思う前に、辞表を出す前に、しておいた方がいいことだと思います。

 

辞めてからでは、わからないこと、後悔してしまうこと、、、

 

初めて気づくこともあると思います。

 

また、思考を修正し、あ、、こういう選択肢もあるんだ!と選択肢を増やしていくことも、自分の思考の柔軟性にも役立つのではないかな?と感じました。

 

もしそれもわからなくなったら、、、

 

辞める前にちょっと仮病でも使って、リフレッシュすればいい。

 

1日くらい休んでも、大丈夫。

それ以上は、そのまま辞めてしまいがちの無断欠勤が続いたら問題ですが、、

 

私は~しなきゃ、、、と思いやすいたちなのですが、~しなくてもいい!!と思うことでだいぶ楽になりますし、

 

なにより、なにかに引っかかっていた自分に気づくきっかけにもなります。

 

ほんの少しの休息が必要ならば、ちょっと休んだ方が、正しい判断ができます。

 

ネットサーフィンしてもいいです。

 

自分以外のいろいろな意見に耳を傾けるだけで、大分自分は固定概念にとらわれていたんだなと気づき、

 

よい選択ができるように感じます。

 

また、退職が決まった時も、終わりよければすべてよし!というように、終わり方も、しっかりやる気をもって働いていくことが必要ですよ!

 

それが次の道に進むための、糧にもなります。

 

そう私は思います。

 

 

 

広告を非表示にする