littleMYの日記

自分が経験して、考えたことを記録するブログです。

付加価値について思うこと

 

GWに六本木でやっていたセーラームーン展に行ってきました。

 

www.roppongihills.com

 

私はセーラームーン世代なのですが、行ってみて改めて思うのは、私はそんなにセーラームーンを理解していなかったということ。

 

歴代の年表を見ても、あまりわからず。最終回は何だったのか。キャラが多すぎて、何が何だかわからない、、、、そんな現在の私の心情はそうでした。

 

幼稚園の時は、あんなにハマって、グッズもたくさん集めていたのに、、、、。

 

このセーラームーン展は商業的に成功した漫画の例を見ているようでした。連載、アニメ、それに基づくグッズ、ゲームの展開の成功。

 

実際にセーラームーン展に行って感じたことは、私にとって大したことはないなと。写真撮影、原画、昔のグッズの展示、今回の展覧会のコラボグッズの販売など。

 

どこか内容が薄いような感じが否めないような、気がしました。全体は網羅しているけれど、全体をつかみ、中身が希薄。

 

私も大人になったなと。そう感じることができただけで良しとするかと思いました。

 

 

 

そしてコラボカフェ。

 

並びました。2時間!!!来たからには食べないとと思い、並びました。いや~、長かった。

 

食べたものは、

 

❊ タキシード仮面のニヒルなパスタ    1300円

❊ 3種のタリスマンカリー        1450円

❊ ルナPボールのベリームース        1200円

 

の3品を食べました。高い!!!それは、キャラとのコラボが入っているからと、土地、六本木だからということもあるのでしょうか。

 

パスタは、おしゃれな食べれるお花を添えてあったり、カレーはシュー生地が含まれており、おしゃれな感じになっていたり、ムースも3段になっていたりと、凝ったものでした。

 

付加価値は、そんな細かいものを、デザイン性、アイディアをいかにおしゃれに含ませるかで、より良いものを提供できるのかにかかっているんだと感じました。

 

値段を上げるには、それなりの付加価値を。値段は高いけれど、その分だけ、満足感が上がるそんな気がしました。

 

自分も物を作り、売るときには、いかに付加価値をつけていくか、、そんな風に考えていくことの必要性を感じました。

 

客観的に物事を見ていくと、全体像がよりはっきりわかり、自分の思考の変化をより顕著に感じ、大人になったな~と思いました。そんなGWの思い出。

 

 

広告を非表示にする