読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

littleMYの日記

自分が経験して、考えたことを記録するブログです。

【音楽レビュー】 久石譲

 

 

昨日からよく聞いてしまうのは、久石譲さんの音楽。

 

とても心が表れて、穏やかな気持ちになります。

 

Summer!

 


久石 譲 / Joe Hisaishi -- Summer (HQ)

 

 

 

そして、平原綾香さんとのコラボ【いのちの名前】


久石譲in武道館 - "いのちの名前"

 

ジブリ作品の『千と千尋の神隠し』の曲です。この曲を聴くと、なんだかただただ涙が流れてくるような、そんな心地よい気持ちになります。

 

本当に美しく、心が洗われるような気持ちになります。それはきっと、私たちの心がクリアになっていく、そのためにきれいなものに触れたくなるのかもしれません。私たちはその過程がたくさん積み重なって、より深いクリアな心の状態になるのかもしれません。そう感じてしまう音が久石譲さんの音楽にはあるように感じます。

 

 

 

 

そしてこの方の歌声も、、、

 


秋川雅史×手嶌葵 テルーの唄 もののけ姫


Teshima Aoi手嶌葵 / さよならの夏 ~コクリコ坂から~

 

手嶌葵さん。

 

最近月9の主題歌がヒットしていましたが、デビューしたときから歌がものすごく安定していました。(最近ずっとその当時の動画を見ていて気が付いたのですが)ピッチが安定しているし、音程が外れなく、CD音源を聴いているような安心さ。

 

それよりもっとすごいのは、彼女が持っている歌声のクリアさ。どことなく儚さを持っていて、とても優しい歌声。

 

ツラく、悲しい時に聞いてしまうと、涙が止まりません。

 

そして私が一番好きなのはやはり【テルーの唄】

 

彼女のデビュー曲で、ジブリの【ゲド戦記】のテーマ曲でした。その映画も見ましたが、とても深く、孤独を抱えている少年の話です。その少年のように、私たちも常に孤独を感じています。孤独がないなんて瞬間はきっとないと思います。だからこそ、共感をし、涙を流す原因なのかなと感じます。

 

❊歌詞の中の引用❊

 

雨のそぼ降る岩陰に

いつも小さく咲いている花は

きっと切なかろう

色も霞んだ雨の中 薄桃色の花びらを愛でてくれる手もなくて

 

心を何に例えよう

花のようなこの心

心を何に例えよう

雨に打たれる切なさを

 

 

1人は孤独。だからこそ、人を求めるのではないでしょうか。そんな気がします。

 

広告を非表示にする