littleMYの日記

自分が経験して、考えたことを記録するブログです。

『信長協奏曲』が、かっこよすぎる件

 

先週、『信長協奏曲』の映画を見に行きました。

 

nobunaga-concerto-movie.com

 

最後はどうなるのだろうか、、、と気になって、見に行きました。

 

最後は、そう来たか!!!という結末でした。

 

漫画自体最終回は迎えていないので、漫画ではどういう展開になるのか、楽しみです。

 

 

登場人物の配置で、だいたいの予想はついていましたが、、、、

 

結論として、サブローと信長の2人が素敵すぎました!!!

 

小栗くんが1人2役を演じているのですが、

 

それぞれ、全く別人のように演じていて、

 

流石、としか言いようがありません!!!

 

どっちのキャラクターも、素敵でした。

 

そして、どのキャラクターも全力で演じている姿を見て、

 

改めて、この映画はみんなの熱い想いが詰まっているんだな~と感じました。

 

全てのことについてですが、頑張っている人は本当に美しいと思います。

 

 

 

 

 

 

★★★

 

ところで、歴史についてですが、

 

織田信長明智光秀に殺されますが、

 

どうして、信長は殺されなければならなかったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

映画を見終わった後、この疑問が私の頭の中を巡りました。

 

明智光秀が本能寺で信長を殺害したという事実は知っていますが、理由は知りません。

 

 

 

ここから、歴史は単なる物事の結果にしか過ぎないし、

 

歴史の結果あるからこそ、今の日本があります。

 

勝者が時代を作っていったんです。

 

たとえ正しいことをしていなくても、結果勝者だから。

 

 

 

 

 

私は、学生時代、歴史に全く興味がありませんでした。

 

しかし、ふと、歴史を学ばなければ、自分のルーツを探さなければ、

 

自分を本当に理解することができないな、と悟ってから、

 

気になることだけは、調べるようにしています。

 

そうすると、歴史から、その時代背景から、その当時の人々の考え方、

 

想いが自分で推測できるようになり、自分で関連付けて繋げていくことによって、

 

わかる!!!繋がった!!

 

と思うようになり、楽しくなったのを覚えています。

 

だからなのか、歴史ものを見ると、気になってその時代背景を調べてしまいます。

 

 

調べてみると、意外と人間関係が複雑だったみたいですね。

 

しかし、本能寺の変で、信長の遺体は発見されていないので、

 

死んだのか、逃げたのか、わかっていませんが。

 

 

 

織田信長の性格を読んでみると、

 

 

nobunagahistory.com

 

アツい男で、正義感が強く、しかし意地っ張り。

 

しかし、周りの人には楽しさを分け与える

 

そんな印象を受けました。

 

人望がかなりあり、兄さん的な存在だったんじゃないでしょうか。

 

さらには、自分の意見を曲げないので、

 

反対の意見の人には、激しく当たっていただろうし、

 

反感も買っていた。

 

 

だからこそ、敵も多かったように思います。

 

身内でも外でも。

 

 

 

 

 

 

信長の業績を調べてみると、学研さんでも教科書に載っていることを、

 

サッと調べることもできるようになっていました。

 

kids.gakken.co.jp

 

そんなことも、勉強したな~なんて今更、見てしまいました。

 

歴史から真実を知ろうとすると、いかに根拠に基づいて、

 

事実に基づいて、さらには環境、思想を頭にいれておかないと、

 

本当の意味での理解には繋がらないんだろうな~なんて思います。

 

 

織田さん、もうちょっと調べさせていただきやす★

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする