読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

littleMYの日記

自分が経験して、考えたことを記録するブログです。

人生に迷ったときに聞きたい、殺せんせーの言葉

皆さんは、殺せんせーってご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

そうです、、、、あの週刊少年ジャンプで連載している漫画です。

 

アニメ化、映画化、あと参考書にもなっている人気漫画です。

 

 

 

 

 

暗殺教室 17 (ジャンプコミックスDIGITAL)
 

 

 

 

 

 

 

暗殺教室 コミック 1-16巻セット (ジャンプコミックス)
 

 

今なら、キンドルで無料で試し読みができるので、良かったらぜひ!!!

 

キチンと生徒1人1人を見て、その子の得意分野を見極めた上で、ユーモアたっぷりにその子に合った助言をし、伸ばしていく、

 

教育者として、とても素晴らしい人格な超生物です。

 

作者の世界観もずば抜けていて、私は読んで絶対に後悔しない漫画の1つに挙げるこののできる漫画です!!!

 

その漫画のジャンプの最新話で、とても今後の教育の在り方として、

 

そして子供たちが持たなくてはいけない、考え方を最後に戒めとして託している。

 

そんな感動的なシーンがありました。

 

その中からの引用として、、、、

 

殺せんせーからのアドバイスです。

 

 

君たちはこの先の人生で、、、、

 

強大な社会の流れに邪魔をされて、

 

望んだ結果が出せないことが必ずあります。

 

その時、社会に対して原因を求めてはいけません。

 

社会を否定してはいけません。

 

それは率直に言って時間の無駄です。

 

そういう時は、『世の中そんなもんだ』と、、、、

 

悔しい気持ちをなんとかやり過ごして下さい。

 

やり過ごした後で考えるんです。

 

社会の激流が自分を翻弄するならば、、、、

 

その中自分はどうやって泳いでいくべきかを

 

やりかたは学んだはずです

 

このE組で、

 

この暗殺教室で、

 

いつも正面から立ち向かわなくていい、

 

避難しても、隠れてもいい、

 

反則でなければ、奇襲もしていい、

 

常識外れの武器を使ってもいい、

 

殺る気を持って、焦らず腐らず試行錯誤を繰り返せば、、、

 

いつか必ず素晴らしい結果がついてきます

 

君たち全員、それが出来る一流の暗殺者なのだから

 

 

 

大切なことは、今をどう生きるのか。

 

常に考えるべきは、未来。

 

現実はどうあがいても、変わらないので、その現実を受け入れ、

 

どうやったら、自分は自分らしく生きていくかを自分で考えていくということ。

 

 

 

学生時代、言って欲しかったなと改めて思います。

 

 

みなさんは、どうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする